成果が出なくて会社に行きたくないときは

会社から与えられているノルマに対して満足な結果が出せず、上司から叱責されたり、同僚からバカにされているように感じたり、あるいは会社に行きたくないと思い詰めることもあるでしょう。自分では頑張っているつもりなのに、なかなか成果が出ない、というのは非常に辛いものです。成果が出ないとやり甲斐も感じられず、自信も持てなくなります。自信がないと判断ミスが増え、ますます仕事がうまく回らず、成果はさらに落ち込むことになります。成果が出ないと、給与が下がることもあるし、なんとかこれは改善したいところです。成果が出ずに会社に行きたくない気分になると、結果が悪かったことを運のせいにしたり、周りのせいにしたりするものですが、しかし、実際に問題があるのは自分自身に他なりません。自分の何が悪いのか、これは考えてわかることかもしれませんし、周りにアドバイスを受ければわかることかもしれません。できればアドバイスを受けるべきでしょう。真摯に人の意見に耳を傾けるだけでも、何かをつかむきっかけになるものです。逆にアドバイスに対して、「それはやっていますよ!」とムキになって反論するのはダメです。耳を貸さない人間、頑固な人間というレッテルを貼られ、ますます会社に行きたくない気分を味わうだけですよ。どうしても会社に行けず、お金が底をつきそうになっても、借り入れサービスがあれば、ゆっくりと転職なり、復帰なり感がる時間を持つことが出来ます。即日審査の借り入れ先もたくさんありますので、借り入れ先を探す苦労はさほどありませんし、こういった手段もあるんだということを頭の片隅に置いておきましょう。

スキル以上の仕事で会社に行きたくない

仕事がうまくまわらない、ということは会社に行けば日常茶飯事でしょうが、その原因が、明らかに自分のスキル以上の要求に対して、ちゃんと応えられていない、というケースがあります。もし、こうした理由で会社に行きたくない気分になってしまったときはどうしたらいいでしょうか。心理的には結構つらい状況ではあります。なにしろ、動いた結果なのではなく、どう動いていいかわからない、というパターンなので。なので、会社に行きたくない、という心理になるのはやむを得ないところもあります。とはいえ、実際に会社に行かない、ということになってしまうと問題ですし、そこまで落ち込む必要はありません。なぜなら、スキルというのは、多分に実戦で磨いていくものでもあるからです。今回の仕事を糧にし、さらにスキルアップをすればよいのです。多くの人が、不慣れな仕事に対しては、同じような悩みを抱えています。ただ、仕事というのは、失敗が許されないものでもあります。腕を磨けばよい、と言っても、それがミスに対するクレームや始末書の上に乗っかるものではないのは、言うまでもありません。そんな場合は、わかる人間をブレーンにするなり、戦力として投入するなりするべきです。